2016年 06月 25日
9.ゴルナーグラート3100
ツェルマット駅の前にあるゴルナーグラート鉄道のツェルマット駅へ。人気No1の観光スポットだけあり、車内は日本人のツアー客や欧米の観光客でほぼ満席状態。残念ながらマッターホルンが良く見える右側の座席には座れなかった。
出発して間もなく、マッターホルンが現れる。だが、徐々に標高が上がっていくにつれて、山頂に白い雲がかかり始める。一時的なもので、太陽が登って来れば、すぐに晴れるだろうと思っていたが、30分ほど乗車し、ゴルナーグラート山頂にたどり着くと、マッターホルンの山頂の一部がうっすらと見えているだけで、他はすべて白い雲に覆われていた。そして、数分後には真っ白になり、マッターホルンの姿は全く見えなくなった。なんということか・・、8月は天候が不安定で、見えないことも多いというが、高い乗車賃を払って山頂に着いた途端に、何も見えなくなるとは。。ゴルナーグラート3100m地点で途方にくれるしかなかった。
b0043304_1049719.jpg


雲に覆われたマッターホルン・・・

# by funkymts | 2016-06-25 12:24 | └スイス
2016年 06月 25日
8.待ったよ、マッターホルン!
ツェルマット3日目。この日にマッターホルンが見えなかったら、何しに来たのかわからない。
朝、窓のカーテンを開けて大きな声をあげた。窓の外にはマッターホルンの雄姿が!
スイスに来て、初めてのいい天気。早速家族を起こして、みんなで山を眺めました。

前日にお熱だったあっちゃんも体調が戻って元気そう。みんなでトレッキングに出発!
病み上りのあっちゃんとママはスネガ2288mへ。僕と英ちゃんは人気No.1の展望台ゴルナーグラート3100mへに向かうことに・・・
b0043304_10424381.jpg

b0043304_10431786.jpg


# by funkymts | 2016-06-25 10:46 | └スイス
2016年 05月 03日
7.3分スネガへ
午後から雨が止んだので、急きょ長男・英一郎と2人で、ツェルマットから3分で行けてしまうという展望スポット、スネガ2288mへ。
急こう配の地下ケーブルカーに乗り込むと、瞬く間に地下トンネルを登っていき、3分程度で頂上駅に到着。
頂上にある絶景レストランで、コーヒーとケーキを頂く。ただ、雨は降っていないものの、マッターホルンは雲に覆われていて、見えない。
でも、せっかく登ってきたので、帰路は歩いて降りることにした。途中、雲が少なくなり、何度かマッターホルンの一部を見ることができた。マッターホルンを正面に見ながら歩くのはとても気持ちよく、素晴らしいコースなのだが、快晴ではなかったのが残念。
b0043304_22361934.jpg


もっと見てみる!

# by funkymts | 2016-05-03 22:40 | └スイス
2016年 05月 03日
6.ツェルマットの教会と穀物倉庫
雨&曇りのため、山々は全く見えず、英一郎と二人でツェルマットの市内見学。
まずは、街のシンボルである大きな時計塔のある教会へ。教会の前には、マッターホルンの開拓史や登頂の物語を展示した「マッターホルン博物館」や「マーモットの泉」がある。
教会内部の天井には、ノアの方舟が描かれていて、シンプルな雰囲気。カトリック教会です。
教会から少し歩いたところにある、高床式の穀物倉庫へ。
ネズミが登って来れないように、倉庫の柱と柱の間に、大きな円盤状の石を挟み込んで建ててある。地震があれば、ひとたまりもないかもしれない。元は倉庫だけど、ペンションやレストランになっているところもあった。
b0043304_22102273.jpg


もっと見てみる!

# by funkymts | 2016-05-03 22:18 | └スイス
2016年 05月 03日
あっちゃん巣箱にシジュウカラ
家の前の木に吊り下げてある、あっちゃんが作った巣箱に綺麗な小鳥が巣を作っています。たくさんの子供たちの鳴き声が聞こえ、親鳥が5分に1回ぐらいのペースで餌を運んできます。調べてみると、シジュウカラみたいです。
b0043304_21484978.jpg
b0043304_21484963.jpg


# by funkymts | 2016-05-03 21:49 | ■diary +