人気ブログランキング |
カテゴリ:└英国( 24 )

2012年 11月 16日
14.Big Ben
ロンドン2日目。
朝一で、麗しのJerminSt.で憧れのTrickersのカントリーブーツを購入し、ハケットロンドンでも思いのほか紳士服を買ってしまい、大量のドーパミンを脳に放出してしまった。

続いて、英国の象徴ともいうべき、ビッグベンへ。
仕込んできた小物を使って、子どもたちを撮影しました。
見ず知らずの観光客(ヨーロッパ人)からも笑いが起こり、声をかけられ、写真を撮られ・・・・と、ビッグベンのアイドルみたいになった英敦。金メダルとユニオンフラッグでご満悦。ちょっとハニカミながらも撮影終了しました。
でも、その写真は事情により、後日公開とします。ゴメンなさい!
b0043304_073589.jpg
「Big Ben」・・・EOS5D MarkIII+EF17-40mmF4L

もっと見てみる!

by funkymts | 2012-11-16 00:13 | └英国
2012年 11月 04日
13.London Bus
大英博物館の次は、ロンドンバスで市内観光してきました。オープントップの観光客向けのバスで、市内の有名スポットを回ります。24時間有効のチケットで、各名所で乗り降り自由というものです。

トラファルガー広場、バッキンガム宮殿、ビッグベン、ロンドンアイ、ウェストミンスター、セントポール、タワーブリッジ、ロンドンタワー・・・とロンドンの観光名所を一気に回ることができます。

僕も初めて乗りましたが、とても効率的です。
ただ、ガイドのとてもうるさい。テンションがとっても高いです。
個人的には、ロンドンらしく地下鉄を利用してじっくり回るのがいいと思いますが、家族4人ならタクシーの方が割安(24Hバスは結構高いです)で、効率的(いっぱい走ってるし)ではないかと思います。

ただ、あっちゃんのイギリス旅行での一番の思い出がロンドンバスとロンドンタクシーに乗ったことらしいので、乗ってよかったということになるでしょう。(バスの中で半分ぐらいは寝てましたけどね。(笑))
b0043304_22374261.jpg
「ロンドンバスでご満悦!」・・・EOS5D MarkIII+EF17-40mmF4L

ロンドンバスからの市内観光!

by funkymts | 2012-11-04 22:49 | └英国
2012年 10月 21日
12.大英博物館
ヨークで一泊してから列車でロンドンへ。
今回は、予約しておいたサウスケンジントンにあるブティックホテル「Cranley hotel」でチェックインして、荷物だけ置いて、さっそくロンドン観光へ。
まず、向かったのは大英博物館。20年前も行ったけど、広くて走ってみて回ったような・・・
館内のお洒落なレストランでランチを食べて、さあ見学。

世界中のお宝が集まっている大英博物館。子どもたちも初めての見学なので、一般的な最短ルートで。
それでも、世界一の質・量・広さを誇る博物館だけあり、最短ルートを回っても結構時間がかかりました。
来る前にもっとリサーチして、見る場所を限定しておけば、充実した見学になったのではと思います。
子どもには、ちょっと難しかったようですが、エジプトのミイラコーナーは興味深く見学していました。

あと、グッズショップが充実していて、面白いものがいろいろ売っていましたよ!
b0043304_1821651.jpg
「大英博物館入口の彫像」・・・EOS5D MarkIII+EF70-200mmF4LIS

大英博物館を少しだけ見てみる!

by funkymts | 2012-10-21 21:32 | └英国
2012年 10月 08日
11.Horse carriage rides in York
大聖堂を見学した後で、馬車に乗ってヨークの街を一回りしました。約20分かけて、街をゆっくりと走ってくれます。
人間よりも高い目線で街を走ってくれるので、なかなか気持ちがいいものです。このような古い街には馬車はよく似合います。
以前、ベルギーでも乗りましたが、いいですね。子どもたちも大喜び。街の観光客にも写真を撮られたり、ちょっと優雅な気分です♪
b0043304_20405646.jpg
「Yorkの馬車」・・・EOS5D MarkIII+EF17-40mmF4L

馬車に乗って、ヨークの街をご案内!

by funkymts | 2012-10-08 20:44 | └英国
2012年 09月 30日
10.York Minster
駅から歩いて、お目当てのヨーク・ミンスターへ。
やっぱり立派な外観です。イギリス最大のゴシック建築といわれるだけのことはあります。
(ちなみに、ケルンの大聖堂と並び称されています)
20年前にここのステンドグラスに圧倒され、感動したことを今でもはっきり覚えていました。で、今回の再訪となったわけです。

さて、入場料はなんと9ポンド(約1200円)。ちょっと高すぎないか?と思いつつ、仕方なしに払って入ります。
(FamilyPassというのがあり、大人2+子ども2で18ポンドでした)
本当は、塔にも登りたかったんですが、2時間以上待たないといけないので、諦めました。

内部の美しいステンドグラスは昔と変わらず。有名なバラ窓もありました。
でも、残念なことに一番の見どころである奥(東側)の天地創造と世界の終わりのステンドは修復中で見ることができず、一部だけが、ガラスケースに入っているだけでした。残念。

正直なところ、20年前に訪れてから世界の様々な教会を見てきたので、あの時の感動が再び!ということはありませんでしたが、こうして家族で再訪できたことを喜びたいと思います。
b0043304_742773.jpg
「York Minster」・・・EOS5D MarkIII+EF17-40mmF4L
250年もの歳月をかけて、1472年に完成したヨークのシンボル。

Minsterの内部も見てみる!

by funkymts | 2012-09-30 20:32 | └英国
2012年 09月 30日
9.National Railway Museum
エディンバラを後にして、南下。イングランド北部の古都、ヨークへ。
20年前に、バックパッカーでヨーロッパを回った時に、ロンドンに到着して、すぐに鉄道で移動。その時、初めて訪れたのが、ヨークだった。初めての海外で、何もかもが目新しかった僕にとって、最初の感動を与えてくれたのが、ヨークだった。

まず、駅のとなりにある鉄道博物館「The National Railway Museum 」へ。世界でも最大級の規模を誇る国立の博物館、20年前に来たので、何となく懐かしい。なんでこんな立派な博物館が、ヨークにあるのかよくわからないけど、ヨークの見どころの一つになってます。
子どもたちは、もっと喜ぶかなと思って連れてきましたけど、最初だけですぐにあきたみたい。実際に乗れないとつまらないみたいです。どっちかというと、土産物SHOPの方で楽しんでいました。
子ども部屋用に、FLYING SCOTSMANのアンティーク風ポスターを買いましたよ。
b0043304_7353492.jpg

「お召し列車の前で」・・・EOS5D MarkIII+EF17-40mmF4L

もっとNRMを見てみる

by funkymts | 2012-09-30 16:33 | └英国
2012年 09月 23日
8.ミリタリー・タトゥー
エディンバラ最後の夜、有名なRoyal Edinburgh Military Tattooを観に行きました。
ミリタリー・タトゥーとは、「ミリタリー=軍隊」の「タトゥ=帰営ラッパ」という意味で、刺青という意味ではないそうです。そのミリタリー・タトゥーでも最も有名なのが、Royal Edinburgh Military Tattooです。
エディンバラ城前で8月限定で行われる大規模なミリタリーショーで、タータンチェックのキルトをまとってバグパイプを吹くスコットランド軍隊によるマーチングバンドやマスゲーム、他国軍隊の楽団の演奏などが繰り広げられる夏の一大イベント。出演者だけでも総勢200~300名が出ており、大迫力です。わずか3週間という開催期間中の観客数は約22万人といわれており、非常に人気があり、かなり前から予約しないとチケットは入手できません(結構高いのに)。ちなみに、4か月前にネット予約して、一番後ろの席でした。(^_^;)
b0043304_1638159.jpg

「Royal Edinburgh Military Tattoo 2012」・・・EOS5D MarkIII+EF70-200mmF4LIS

Royal Edinburgh Military Tattooをもっと見てみる!

by funkymts | 2012-09-23 17:00 | └英国
2012年 09月 15日
7.ブリンスィズ・ストリート・ガーデンズ
ちょっとおしゃれなフレンチで昼食をとってから、プリンスィズ・ストリート・ガーデンズで子どもたちを遊ばせる。公園で走るだけで楽しいらしい。付き合うのは僕、後の人はお茶してました。
でも、こういう素晴らしい公園で走り回らせるというのは、とってもいい体験かも。

ちなみに、ここには世界最古といわれる有名な花時計がある。
ちょうどロンドンオリンピック開催月ということもあり、デザインはオリンピック使用になっていました!
派手さはないけど、さすが本場の花時計という風格です。

また、このガーデンズの駅側には、よくバグパイプを吹く民族衣装を着たおじさんが演奏しており、スコットランドの雰囲気を堪能できます。
b0043304_21234058.jpg
「最古の花時計」・・・EOS5D MarkIII+EF17-40mmF4L
ロンドンオリンピック2012仕様

もっと公園を見てみる!

by funkymts | 2012-09-15 09:00 | └英国
2012年 09月 14日
6.カールトンヒル
エディンバラ2日目。僕がエディンバラで一番お気に入りの場所「カールトンヒル」へ
といっても、20年ぶりなんですが、ここからの印象が強く残ってます。

駅から北東に登った小高い丘であるカールトンヒル。その頂上部からは、エディンバラの美しい街並みが一望できる。この緑の丘から望む、エディンバラ城や時計塔は素晴らしい。北方向にはフォース湾も望むことができる。


また、エディンバラが北のアテネと呼ばれる理由が、カールトンヒルにあるナショナルモニュメントもここにある。
ナポレオン戦争戦没者記念碑として、建設が始まったモニュメントであるが、予算が途中でなくなって、建設をやめてしまった。でも、なぜナポレオンがパルテノンに関係があるのか??知っている人教えてください。(^^ゞ
b0043304_2054222.jpg
「カールトンヒルから望むエディンバラ市内」・・・EOS5D MarkIII+EF17-40mmF4L
右のモニュメントは、ダグラス・スチュアート記念碑。

モニュメントたち・・・

by funkymts | 2012-09-14 21:12 | └英国
2012年 09月 09日
5.セント・ジャイルズ大聖堂
エディンバラ城を出て、そのまま東へ坂を下っていくと、セント・ジャイルズ大聖堂へ。
スコットランドの宗教改革の聖地として有名で、王冠の形をしたゴシック様式の屋根をもつ。
内部には美しいステンドグラスや彫刻やパイプオルガンなどの装飾物がいろいろあって、荘厳な雰囲気です。

ちなみに、エディンバラ城からホリルードハウス宮殿までの距離がちょうど1マイル(1.6km)あることから、エディンバラ城から宮殿への道をロイヤルマイルといい、この大聖堂は、ちょうど中間地点に位置する。
この大聖堂は、ロイヤルマイルの中心ともいわれている。
b0043304_10474080.jpg
「ショーウィンドウに写るセント・ジャイルズ大聖堂」・・・EOS5D MarkIII+EF17-40mmF4L

セント・ジャイルズ大聖堂の内部

by funkymts | 2012-09-09 11:15 | └英国