人気ブログランキング |
カテゴリ:■南米( 44 )

2005年 11月 27日
「ペリト・モレノ氷河 1」
昨日の「世界ふしぎ発見」は「風の大地パタゴニア」でしたね(教えてくださったFさんありがとうございます!)。パタゴニアを知らない方に説明しますが、「パタゴニア」とは、南米アルゼンチンのチリの南部の地方を言います。番組でも言っていましたが、日本から約30時間はかかります!(アウトドアショップのパタゴニアはここの地名をとったわけです。)
パタゴニアでもクジラをあんなにも近くで見れるんですね。知らなかった。バルデス半島やバリローチェには行っていないので、次回は是非行ってみたいです。恐竜の化石も見たいな。
さて、写真は昨日のTVでも登場した「ペリト・モレノ氷河」です。
パタゴニアの特殊な地形&気候によって、氷点下ではないのに、氷河があるんですねー。ふしぎですねー。
規模は高さ60mぐらい、幅5kmぐらい、長さ35kmぐらいです。もっともよく動く氷河として、世界的に有名で、一日に2mも動くことがあるといわれていて、30分もいれば、大きな崩落シーンが見れます。ただ、写真に撮るのは至難のわざ。一瞬の動きに反応できなければ撮れません。崩落時はゴォォーという轟音が響き渡ります。
b0043304_21574640.jpg
(写真)「ペリト・モレノ氷河(アルゼンチン)」・・・ContaxST+Distagon25mmF2.8

by funkymts | 2005-11-27 22:17 | ■南米
2005年 10月 22日
「サンタエレナの赤トラ」
南米ベネズエラ、サンタエレナです。ブラジルとの国境に近いので、どことなくブラジルっぽいです。
道端をブラブラしていて、出会った真っ赤なトラック。迫力ありましたね。荷台がしなってますし・・壁の「MVR」という文字と軍人らしい顔の絵がちょっと不気味ですね。調べたら、ベネズエラの最大与党がMVR(第五共和国運動)というらしいです。
それにしても、土が赤いです。
b0043304_18425553.jpg
(写真)「サンタエレナの赤トラ(Venezuela)」・・・2000年、RicohGR1s

by funkymts | 2005-10-22 18:54 | ■南米
2005年 10月 11日
「プンタアーレナスの街」
チリの南端、プンタアーレナスです。夕方になって、すこし山側に歩いて撮りました。パタゴニアで訪れた最初の街でしたが、とてもきれいで雰囲気のある小さな街でしたよ。
この海の向こうはマゼラン海峡があって、そのまた向こうには南極があるのか!!と思うとワクワクしますね。かの大航海時代は港町として、栄えたようですが、パナマ運河が開通してからは、ただの小さな港町になったみたいです。
僕が訪れた12月末は春なので、いろんな花が咲いていて、緑も綺麗だったけど、やっぱり風は強かったです。(^^ゞ
b0043304_21511750.jpg
(写真)「プンタアーレナスの街(Chile)」・・・2002年、ContaxST + Distagon25mmF2.8  ここから車で1時間ほどでペンギンの営巣地があります。

by funkymts | 2005-10-11 22:06 | ■南米
2005年 10月 03日
「パタゴニア・クルージング」
パタゴニアの氷河クルージングをする遊覧船です。
かなりリッチなクルージング船で、カフェやバーもありました。お客も沢山乗っていますよ。
目指すは、
・ウプサラ氷河・・・ロス・グラシアス国立公園の中で最大の氷河。表面積595Km2、賛嘆部の幅5~7km、高さ80~100m
・スベガッツィーニ氷河・・・高さ80~135mもある。全長25km、幅135m
などなどです。
詳しくは、5ヶ月ぶりに更新したメインサイトの旅行記で!・・おい、宣伝かよ(^^ゞ
b0043304_23442215.jpg
(写真)「氷河クルージングへ(アルゼンチン)」・・・2002年,RicohGR1s 前を歩いているのは嫁。

by funkymts | 2005-10-03 23:51 | ■南米
2005年 08月 24日
「ベネズエラの空から」
最近、いろいろと忙しくて、頻繁に更新できなくてスイマセン。久々の更新ですが、これまたストックネタで・・・スイマセン(;_:)
ベネズエラのブラジル国境に近い田舎町「サンタエレナ」からベネズエラ第二の都市「シウダーギアナ」というところへ向かう飛行機から撮った写真です。20人乗りぐらいの小型ジェット機だったのですが、それまでセスナで長距離フライトをこなしていたので、とても頼りがいのある飛行機に思えました。
雲の下に見えるのは、森(ジャングル)です。こんな風景がずっと続いていました。
b0043304_22254559.jpg
(写真)「シュだギアナへ向かう機内から(Venezuela)」・・・RicohGR1s  「ギアナ高地のセスナ」版もあります。

by funkymts | 2005-08-24 22:30 | ■南米
2005年 08月 13日
「ブエノスアイレスの街並みII」
ブエノスアイレスの続編です。ネタがないので、もう少し続くかもしれません。
建物はヨーロッパだけど、どことなく南米の香りがします。
Parisよりも全体的に建物が大ぶりな気がします。道幅も広めな気がします。
また、女性も大きな人が多いです。むこうでは僕も子供みたいなもんです。(^^ゞ
ちなみに、街角のスナップはほとんどGR1sで撮っています。ケースをベルトにとおして、身に着けているので、いつでもさっと取り出せます。旅には、こういうコンパクトカメラが非常に便利です。加えて、いい写りをするGRは手放せません。今、中古市場ですごく値上がりしているみたいで、僕が新品で買った値段よりも高値が付いていたりします。ライカもほしいけど、掏られたら困るしなぁ...
b0043304_19251232.jpg
(写真)「ブエノスアイレスの街角」・・・RicohGR1s + Fujiトレビ100C

by funkymts | 2005-08-13 19:44 | ■南米
2005年 08月 12日
「ブエノスアイレスの街並みI」
先日、日経新聞を読んでいると、最近、アルゼンチンでのCMや映画の撮影が盛んらしい。なんでも、CM撮影の場合、季節感を先取りする必要があることから南半球、オーストラリアやニュージーランドで行われてきた。しかし、南米のパリといわれるブエノスアイレスの美しい町並み、広大な草原パンパやパタゴニアの大自然があるアルゼンチンは、新鮮でありながら、さまざまなニーズに応えることができる。
また、数年前の財政破綻で、それまで1ペソ=1ドルの固定レートだったのが、変動レートになってしまい、今では1ペソ=1/3ドルぐらいの価値になり、外国人にとって非常に物価が安くなった。
従って、格安で、ヨーロッパのような街並みが撮影できるらしい。
アルゼンチン政府もCMや映画が自国内でどんどん行われれば、観光アピールにもなり、多くの観光客増が見込めるので、撮影誘致に積極的になっている。
日本では、日産のノートという車や保険のCMでブエノスアイレスが舞台となっているらしい。
なんだか、アルゼンチンがブームになりそうな予感がする。遠いけど・・
b0043304_0353496.jpg
(写真)「ブエノスアイレスの街角」・・RicohGR1s28mmF2.8

by funkymts | 2005-08-12 00:36 | ■南米
2005年 07月 26日
「アマゾン川III」
アマゾン川のサンセットです。
ボート(花火とかを観る様な小型の遊覧ボートです)に乗って、ピラニア釣りしているときに撮りました。平和な風景だけど、ここの下には凶暴なピラニアが!
でも、ボートの屋根につかまって、縁の上を横歩きして船の前方へ移動し、片手でパチリと撮りました。落ちていたらカメラともどもTheENDだったかも(^^ゞ
コンパクトカメラじゃないと撮れませんでしたね。さすがGR1、頼りになります。これまでPhotoGalleryにもあった写真なんですけど、フィルムスキャナーで再読み込みしました。やっぱりフィルムスキャナーは違うな!
b0043304_2344865.jpg
(写真)「アマゾン川のサンセット(Brazil)」・・RicohGR1s

by funkymts | 2005-07-26 23:09 | ■南米
2005年 07月 25日
「アマゾン川II」
引き続き、アマゾン特集です。
黒色のネグロ川(右)と褐色のソリモエス川(アマゾン川・左)が合流する地点は、「ミーティングポイント」とよばれ、お互いの水が混ざり合わず、このような分離した状態が約2kmにわたって続いています。
ネグロ川は、ジャングルの樹木の液が川に染み出して、このような黒い色が着き、ソリモエス川は細かい泥が水に溶けて、このような褐色になっている。ソリモンエス川の方が水温が低くて、それぞれの水温が違うために、混ざらない・・ということらしいです。
そういわれても、なんで水温が違うの?なんで??と不思議に思ってしまいます。
また、合流するために、プランクトンが大量に発生するらしく、それを餌にする魚も豊富に繁殖しているらしいです。また、この辺りには、世界的に珍しいピンクイルカ(カワイルカ)が生息しています。可愛い鳴き声をあげて、アマゾン川をピョンピョンと飛ぶように泳いでいます。川が濁っているため、目は退化してほとんど見えないみたいですが、超音波で餌を捕らえます(すげー)
もちろんこの目で観ましたが、写真に捕らえることはできませんでした。
いやー、さすがアマゾンです。不思議なことが沢山あります。・・(^^ゞ
b0043304_21563252.jpg
(写真)「ミーティングポイント(Brazil)」・・・ContaxST+Distagon25mmF2.8

by funkymts | 2005-07-25 21:57 | ■南米
2005年 07月 19日
「アマゾン川I」
Ariaさんからのリクエストにお応えして・・・世界一の森と川「アマゾン」です。
日本人がイメージする「アマゾン川」というと危い&汚い」というように思われがちですが、実際はそんなことありません。ご覧になればわかると思います。
川とは思えないような川幅。湖や池にしか見えませんが、これが川なんですから・・
ここで、小船に乗ってピラニア釣りに挑戦しました。サイコロ状の小さな肉片を餌にして釣ります。釣り経験のない僕は、食べられるばかりで全然つれませんでした。ピラニアは賢くて、釣り針は食べないで周りの肉だけを上手に食べます。川に入れると、肉だけがきれいに無くなってしまいます。ピラニア自体は結構沢山いるみたいです。指とか入れたら大変なことになるかも(^^ゞ
でも、翌日、この川で泳いだりしたんですわ。楽しかった!運良く、どこも食われませんでした(^^ゞ
b0043304_042342.jpg
(写真)「アマゾン川」・・・ContaxST + Distagon25mmF2.8

by funkymts | 2005-07-19 00:13 | ■南米