2004年 10月 18日
Contax T3 作品紹介(1)
ちなみに、まだ生まれていません。

さて、今日は「photo×zeiss」の初書き込み。第1回は b0043304_21422110.jpgContax T3」です。
「Contax T」に始まる高級コンパクトカメラの歴史。「T3」はその血をひくサラブレットなのである。
「T3」が搭載する「Carl Zeiss Sonnar35mmT*/2.8F」もその期待を裏切らない。
確かに、「T」や「T2」に較べるとコストダウンの感が否めないボディ。もっと、チタン・チタンしてほしかった。「T2」のSonnar38mmという個性的な画角としっとりした色合い(と言われている)にも惹かれるものがある。
それでも!「T3」は圧倒的に仕事のできるカメラ「できるヤツ」なのである。それは次のような理由からである。
b0043304_21423687.jpg
 1) 35cmまで寄れる
 2) 5点AF
 3) 1/1200のシャッタースピード
 4) AFロック専用ボタン
 5) 軽量・コンパクト
 6) スタイリッシュなデザイン

はっきり言って、コストパフォーマンスが高い
Sonnar35mmの描写力だが、ご覧の通りである。僕の持つ一眼レフ用レンズDistagon35mm2.8Fと同等かそれ以上のキレイな仕上がり。
Sonnar38mmで言うところのしっとりした色合いも受け継いでいるように思える。
それでいて、空のブルーがとても鮮やかに撮れる。とてもネガフィルムでの撮影だとは思えないコントラスト。
ホント使えるカメラなのである。ただ、唯一の欠点は妻の物であること。僕のじゃないから実際は使えないカメラなのでした。(まあ、この高級感あるボディは僕向きではない)
かっこいい女性によく似合う。女の人はデジカメばかりでなく「T3!」、イイと思います。
b0043304_2143107.jpg

(写真上)「バラ」(チリ・サンチャゴ)・・妻撮影、プログラムモード/フジSUPERIA400
(写真下)「フィッツロイ」(アルゼンチン)・・妻撮影、プログラムモード/フジSUPERIA400

by funkymts | 2004-10-18 21:46 | ■photo×zeiss


<< 夏の上高地へ2004 (1)      芸術の秋 >>