2006年 09月 25日
「サン・シュルピス教会」
ホテルから歩いて3分ぐらいのところに「ダヴィンチコード」で一躍有名になったサン・シュルピス教会がありました。僕は決してミーハーではありませんが、とても荘厳な教会の雰囲気に、吸い込まれるように中へと入っていったのでした。(^^ゞ

写真は例の「ローズライン」です、たぶん。(^^ゞ
教会では「ローズライン」とは呼んでいないそうですけど(ただの「子午線」?)。奥に見えるオベリスク(石の塔)は日時計だそうです。オベリスクの横には、「ダヴィンチコード」の中で登場したような謂れは一切ない!という文書が貼ってありました。でも、おかげで多くの観光客が訪れるようになったんじゃないかと思います。^^;
b0043304_2239521.jpg
(写真)「たぶんローズライン(子午線)」・・・RicohGRDigital



たぶん、この小説がなかったら通り過ぎていた教会ですが、とても荘厳な造りで、入って良かったと思わせる教会でしたよ。
b0043304_22422790.jpg
(写真)「外観」・・・RicohGRDigital
b0043304_22424450.jpg
(写真)「ピエタ像」・・・ContaxST+Planar50mmF1.4

by funkymts | 2006-09-25 22:45 | └フランス


<< 「Pont des Arts 1」      「Chartres 4」 >>