人気ブログランキング |
2005年 11月 27日
「ペリト・モレノ氷河 1」
昨日の「世界ふしぎ発見」は「風の大地パタゴニア」でしたね(教えてくださったFさんありがとうございます!)。パタゴニアを知らない方に説明しますが、「パタゴニア」とは、南米アルゼンチンのチリの南部の地方を言います。番組でも言っていましたが、日本から約30時間はかかります!(アウトドアショップのパタゴニアはここの地名をとったわけです。)
パタゴニアでもクジラをあんなにも近くで見れるんですね。知らなかった。バルデス半島やバリローチェには行っていないので、次回は是非行ってみたいです。恐竜の化石も見たいな。
さて、写真は昨日のTVでも登場した「ペリト・モレノ氷河」です。
パタゴニアの特殊な地形&気候によって、氷点下ではないのに、氷河があるんですねー。ふしぎですねー。
規模は高さ60mぐらい、幅5kmぐらい、長さ35kmぐらいです。もっともよく動く氷河として、世界的に有名で、一日に2mも動くことがあるといわれていて、30分もいれば、大きな崩落シーンが見れます。ただ、写真に撮るのは至難のわざ。一瞬の動きに反応できなければ撮れません。崩落時はゴォォーという轟音が響き渡ります。
b0043304_21574640.jpg
(写真)「ペリト・モレノ氷河(アルゼンチン)」・・・ContaxST+Distagon25mmF2.8

by funkymts | 2005-11-27 22:17 | ■南米


<< 「マゼランペンギン」      秋の有馬温泉3 >>