人気ブログランキング |
2005年 07月 25日
「アマゾン川II」
引き続き、アマゾン特集です。
黒色のネグロ川(右)と褐色のソリモエス川(アマゾン川・左)が合流する地点は、「ミーティングポイント」とよばれ、お互いの水が混ざり合わず、このような分離した状態が約2kmにわたって続いています。
ネグロ川は、ジャングルの樹木の液が川に染み出して、このような黒い色が着き、ソリモエス川は細かい泥が水に溶けて、このような褐色になっている。ソリモンエス川の方が水温が低くて、それぞれの水温が違うために、混ざらない・・ということらしいです。
そういわれても、なんで水温が違うの?なんで??と不思議に思ってしまいます。
また、合流するために、プランクトンが大量に発生するらしく、それを餌にする魚も豊富に繁殖しているらしいです。また、この辺りには、世界的に珍しいピンクイルカ(カワイルカ)が生息しています。可愛い鳴き声をあげて、アマゾン川をピョンピョンと飛ぶように泳いでいます。川が濁っているため、目は退化してほとんど見えないみたいですが、超音波で餌を捕らえます(すげー)
もちろんこの目で観ましたが、写真に捕らえることはできませんでした。
いやー、さすがアマゾンです。不思議なことが沢山あります。・・(^^ゞ
b0043304_21563252.jpg
(写真)「ミーティングポイント(Brazil)」・・・ContaxST+Distagon25mmF2.8

by funkymts | 2005-07-25 21:57 | ■南米


<< 「アマゾン川III」      横浜の夜 >>