2011年 04月 02日
おばあちゃん
僕の祖母が3月28日に他界しました。本当に急なことだったので、まだ実感があまりないです。
27日の夕方に見舞いに行った時は、しんどそうだったけど、ご飯も食べていたのに。。
おばあちゃんの孫は全部で9人いますが、僕は初孫で一緒に暮らしていたので、自分で言うのもなんですが、ちょっと別格というか、特別可愛がられていたような気がします。
ブログにこんなことを書くのもあれなんですが、備忘録的な意味もあり、いろいろと書いておきたいと思います。
ご興味のない方は読み飛ばしてください。
b0043304_23272717.jpg




b0043304_23274348.jpg

おばあちゃんは、89歳で亡くなりました。はっきり言って、スーパーおばあちゃんです。

信仰心が厚くて、木曽御嶽山には50回以上、四国八十八か所めぐりにも5回以上行っています。
旅行も大好きで、日本国内はもちろん、ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリア、カナダ、トルコ、中国、台湾、香港など、いろんなところを旅しています。3年前には、私の妹家族が住んでいたフィンランドに行って、サンタクロースに会って、オーロラも見ていました。おばあちゃんの好奇心、冒険心は凄まじく、また海外旅行に行きたいと常々言っていました。

そんなおばあちゃんですが、とても苦労しています。
子どもは4人んいましたが、一番下の子が学生の時に夫(僕のおじいちゃん)を亡くし、一生懸命働きながら子どもを育てました。また、長男(私の父)と次男を病気で亡くしています。親より先に逝く子を看取ることはどれほど辛かったことだろうと思います。

僕はずっと一緒に暮らしていたので、喧嘩することもありましたが、絶対に次の日になると、忘れたようにこれまで通りに接してくれました。
小さい頃は、隣町にあるスイミングスクールに自転車の後ろに乗せて連れて行ってくれました。僕が初めてヨーロッパを一人旅した時、2週間ほど連絡が途絶えたので、心配して三輪神社までお参りに行って、無事を祈願してくれました。僕がほしいと思ったものは、何でも買ってくれたし、いつも味方になってくれました。

そんなおばあちゃんが、3月8日に脳梗塞で急に倒れ、28日に亡くなりました。僕は車で駆けつけましたが、死に目には間に合いませんでした。ただ、前日に会ったときになんとなく、そんな予感はありました。

実は、僕は家を建てました。この3月に完成し、引っ越したところです。
いろんな偶然で土地を手に入れることができ、おばあちゃんの勧めで昨年10月に地鎮祭をしました。
家族で集まって、土地にお祓いをしてもらいました。その時は、とても元気で、一緒にご飯を食べてから、おばあちゃんの誕生日会をしました。「バースデーケーキなんて、初めてや」と言って喜んでくれました。
それから5カ月。ようやく僕の新居が完成しましたが、結局おばあちゃんが僕の家に来ることはありませんでした。
完成したらまず最初に招待しようと思っていましたが、とても残念です。

家を建てた土地は、本当にいい所にあって、特に景色が最高なんです。そんな場所を導いてくれたのは、おばあちゃんの力のような気がしてなりません。
おばあちゃんには、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
「おばあちゃん、ありがとう!」

by funkymts | 2011-04-02 23:41 | ■diary +


<< 英ちゃんの自転車      英ちゃん、卒園式 >>