2007年 10月 09日
「ミャンマーの戦車」
11年前に行ったミャンマーです。多分スーレーパゴダの付近だったような記憶があります。
こうして写真を良く見ると、町の中心地にいつでも攻撃可能な状態の戦車が何台もスタンバイしている国というのは異様な光景ですね。

人々は皆厳格な仏教徒で、日本人にもとても親切でした。夜にホテルの屋上で、流れ星を見ながらミャンマーのガイドの子と話をしたことを覚えています。「君たち外国人が羨ましい。僕たちはどこに行くこともできない。この国には明るい未来も自由もない。」という趣旨のことを話していたと思います。彼らに比べて、今の日本がどれだけ幸せな国か。国際社会の力でなんとかならないものでしょうかね。
b0043304_22172385.jpg
(写真)「ミャンマーの戦車」・・・CanonEOSKiss+28-105mm
写真を撮っているところを見つかったら怖いのでノーファインダーで撮ったはずです。

by funkymts | 2007-10-09 22:37 | ■Asia | Comments(4)
Commented by Lilywhites at 2007-10-09 23:28
象徴的な光景ですね。 平和ボケしてしまった日本もどうかと思いますが、平和の有り難味、私たち自身が無感覚なのも問題かも知れません。ノーファインダー、確かにこりゃ連行されそうですね(汗)
Commented by Porco Rosso at 2007-10-10 06:55 x
こりゃあ、怖いですね。
なんとまあ、物騒なもんが沢山ならんでるんでしょ。
こんなものが無い世の中が来てほしいものです。

Commented by funkymts at 2007-10-11 23:11
>Lilywhitesさんへ
いろいろと問題はあるとはいえ、日本は平和な国ですよね。世界の人が日本に憧れを抱く一因だと思います。
ただ、これほどの戦車の一団を見たのはここだけでした。
Commented by funkymts at 2007-10-11 23:12
>PorcoRossoさんへ
ほんとに物騒な国ですね。ジョンレノンのイマジンの世界になってほしいですね。


<< 「プラハのマーケット」      「Metroから見えたエッフェル」 >>