2005年 05月 17日
「ウズベキスタン女子高生」
ウズベキスタンが大変なことになっている。
中央アジアの真珠といわれる国「ウズベキスタン!」。街も人もとてもステキなところだ。
そんな美しい国で、大規模な暴動が起こった。現時点での死者は700人超!
ウズベク 暴動死者700人超 国境付近で200人 難民流出止まらず
 【モスクワ=内藤泰朗】中央アジア・ウズベキスタン東部で起きた大規模な反政府活動で、AP通信は十六日、キルギスとの国境に近いパフタアバドでも十四日に暴動があり、軍が市民二百人を殺害したと報じた。軍による暴動鎮圧で、死者数が七百人を超える可能性も出てきた。カリモフ政権は厳戒態勢を敷き、反政府暴動の拡大阻止に動いているが、市民にも大量流血を強いた同政権への国際的な批判は高まりをみせている。(読売新聞より一部抜粋)
子どもを含んだ武装していない一般市民に対する無差別殺戮。その上、国際的な批判を恐れて報道規制している。なんて政権なんだ!日本はこんなやり方に激しく抗議すべき。資金援助中止!

でも、僕が訪れたのは2002年。
その時はとてもとても平和な国でした。→でも、地方は貧しく、不満があるのか?
サマルカンドのある公園で女子高生に声をかけられました(ナンパ!?)。みんな、すごいかわいいかった。今頃は美人妻になっているんだろうなぁ~(ウズベキスタンでは17,8歳で結婚します)
というわけで、早く平和になって欲しいです。
b0043304_2233226.jpg
(写真)「ウズベキスタン女子高生」・・英語は通じませんでした。 ContaxST + Planar50mmF1.4

[ウズベキスタン旅行記]・・地道に更新してます。
[PhotoGallery]・・52枚もあります。

by funkymts | 2005-05-17 22:39 | ■Asia | Comments(10)
Commented by ayrton_7 at 2005-05-18 01:48
ほんとうに みんな美人ですねー
写真集作りたいです
Commented by Aria at 2005-05-18 06:54 x
美人な女の子ですね。私もこのような女性と会話を楽しみたい・・・ってそんな話じゃなくて。(汗)
笑顔が素敵ですね。この方達のような笑顔が消えぬよう、早く暴動おさまって欲しいですね。
Commented by kyon-neko at 2005-05-18 08:29
静かな国なんですね。それなのに本当に残念です。
余りよく知らない国でしたがいってみたくなりました。
Commented by max11puu at 2005-05-18 15:50
皆さん明るくて、心に一点の雲もないような表情です。青春真っ只中
そのものですね。ところが今回の動乱。人間のなす営みは、厳しい
ですねぇ。
Commented by mune_mune at 2005-05-18 16:30
世界地理に疎い私はウズベキスタンの地名はfunkymtsさんのHPで初めて知りました。覗いた時にこの女子高生3人と子供達の笑顔が印象的でした。。。そんな国で一般市民に対する無差別殺戮と言う事態が起こっているならば心底怒りがこみ上げてきます。
Commented by funkymts at 2005-05-18 22:57
>ayrton_7さんへ
僕もかわいい子だなぁ~、写真撮りたいなぁ~、と思っていたら向こうから話しかけてきたのでビックリしました。
「ウズベキスタン美少女紀行!」・・売れるかもしれません。
Commented by funkymts at 2005-05-18 22:59
>Ariaさんへ
英語が全く通じなかったので、ロシア語かウズベキスタン語を勉強しないと会話できないと思います。
ホントに平和になってほしいです。
Commented by funkymts at 2005-05-18 22:59
>kyon-nekoさんへ
マイナーな国ですが、見所がたくさんあります。
関西空港から直行便があって、結構近いです。
Commented by funkymts at 2005-05-18 23:03
>max11puuさんへ
若いっていいなぁ~、って感じです。
欲が絡むと人間って悪魔になりますよね。
日本はそうなってほしくないです。(ある意味欲深いところがありますが・・)
Commented by funkymts at 2005-05-18 23:06
>mune_muneさんへ
サッカーが盛んな国でよく日本代表とも戦っています。
旧ロシアなので、名前には馴染みがないと思いますけど。
子どもがほんとにかわいいです。僕たち旅行者に対して抜群の笑顔で迎えてくれます。
ほんとに無差別殺人とはわけがわかりません!


<< 「ブエノスアイレスの教会」      春の信州へ 2005 (5) ... >>