2016年 06月 25日
9.ゴルナーグラート3100
ツェルマット駅の前にあるゴルナーグラート鉄道のツェルマット駅へ。人気No1の観光スポットだけあり、車内は日本人のツアー客や欧米の観光客でほぼ満席状態。残念ながらマッターホルンが良く見える右側の座席には座れなかった。
出発して間もなく、マッターホルンが現れる。だが、徐々に標高が上がっていくにつれて、山頂に白い雲がかかり始める。一時的なもので、太陽が登って来れば、すぐに晴れるだろうと思っていたが、30分ほど乗車し、ゴルナーグラート山頂にたどり着くと、マッターホルンの山頂の一部がうっすらと見えているだけで、他はすべて白い雲に覆われていた。そして、数分後には真っ白になり、マッターホルンの姿は全く見えなくなった。なんということか・・、8月は天候が不安定で、見えないことも多いというが、高い乗車賃を払って山頂に着いた途端に、何も見えなくなるとは。。ゴルナーグラート3100m地点で途方にくれるしかなかった。
b0043304_1049719.jpg




b0043304_10501632.jpg
b0043304_10505748.jpg
b0043304_10522754.jpg


by funkymts | 2016-06-25 12:24 | └スイス | Comments(0)


<< 夏のコンクールと発表会      8.待ったよ、マッターホルン! >>