2015年 12月 05日
5.まったくマッターホルン
ツェルマットも雨模様。駅からホテルまで歩いていく。
世界有数の山岳リゾートであるツェルマットは、環境に配慮してガソリン車の乗り入れを禁止していて、馬車か電気自動車しかはしることができない。従って、タクシーも一応あるけど、超小型の電気自動車。いくら荷物があろうとも歩きが基本。

ツェルマットでは3連泊するので、アパートメントタイプのホテルをチョイスした。食器も完備したキッチン、ダイニングテーブルも備えられている。そして、テラスからはマッターホルンが真正面に見えるという「マッターホルンビュー」の部屋。ちょっと高かったのに、雲に覆われ、マッターホルンどころか山々はまったく見えない。

部屋で少し休憩していると、次男の敦郎がしんどそうにしているので、体温を測ってみると38度の発熱。薬の持ち合わせもなく、ゆっくりと寝かすことに。
長男の英一郎と僕は二人で市内見学。マッターホルンを狙う絶好のフォトスポットである有名な橋でもマッターホルンはまったく見えず。

b0043304_11405209.jpg
「アパートメントタイプのホテルでスイス滞在を楽しむ」







b0043304_11421593.jpg
「食器も完備のキッチン」
b0043304_11483639.jpg
「電気自動車のタクシー」

b0043304_11481813.jpg
「発熱してるのに、ビデオを見ている次男」

b0043304_11495789.jpg
「まったく見えないマッターホルン」



by funkymts | 2015-12-05 11:56 | └スイス | Comments(0)


<< あっちゃん巣箱にシジュウカラ      4.涙のグレイシャーエキスプレス >>